Apple社のiMovieのBGMまで申し立て!?YouTubeの著作権詐欺に注意!

YouTubeで著作権詐欺がありました。

それで動画の視聴率も収益にも、全てに影響出てしまいましたね。

iMovieで作った動画に対してもこのように著作権の申し立てしてくるようです。

スクリーンショットのように著作権詐欺業者から通知が来ます。

その送ってくる業者の名前は、

AdRev for a 3rd Party

です。

第三者のための…って名前らしいですが結局、嘘っぱちで勝手にお金を搾取してるようです。

ひどい業者です。

AdRev for a 3rd Partyについて調べたところ、

NTT社のビデオにも潜んでいたので、数々のいろんなところに著作権詐欺をしてるらしいです。

今回、iMovieでつくったコンテンツについて申し立てをしてくるということで、

iMovieについてApple社に問い合わせてみました。

質問1,

俺)

iMovieでムービーを作る際、iMovieに付属されているBGMを使用してYouTube投稿を行なっても良いでしょうか?

Apple社iMovie担当者様)

こちらについては、iMovieで作成した動画の投稿なら可能です。

ですが、音声のみの配布はNGとさせていただいています。

例えば、BGMだけの公開、効果音だけの公開はよろしくないということです。

なので、お客様が使用しているムービー作成の範囲なら可能です。

質問2,

俺) YouTube、投稿してチャンネル1000人登録行けば収益化可能じゃないですか?

これについては大丈夫でしょうか?

NGでしょうか?

Apple社iMovie担当者様)

こちらについてはOKです。

先ほど言ったように音声のみの配布でなければ可能です。

俺) あ、わかりました。

のちほど、そこについての規約文章送ってもらえませんか?

YouTubeの著作権詐欺にあって、御社のBGMが収益化させられてるんですよ。

そいつらについて申し立てして登録するのおかしいだろうと戦わなくちゃなので。。。

Apple社iMovie担当者様)

そうなんですねw

お客様のこと応援してます。

こちら、のちほど規約文送っておきます。

という感じです。

規約文についてはここに転載していいかわからないので、

以下のキーワードで探してみてください。

「使用許諾契約のGの項目にある」

ってところです。

簡単に解説してもらったところ、

「音声ファイルのみの配布は禁止です。動画を作って出すなら別にいいですよ。」のようです。

規約文難しいですね💦💦💦

ということで、

悪い業者からiMovieのBGMについて申し立てが来たら、

この規約文をコピーして申し立てして来た相手に投げればいいです。

簡単に申し立てできるので、

やってみてください!

今回の件ですが、YouTube運営がびっくりしたのか、

全ての申し立てを消してましたね!

音声のみでの収益化はApple社のルールによって許されていないので、

当たり前ですね🙄

では、みなさん良いYouTubeライフを!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。