会社は3年働いて辞めるかどうかを考えたほうがいい

世の中は会社に長くいればいいという評価するものばかり。

確かに、会社に長く居れば会社から重宝されていい人生歩めるのかもしれない。

けど、これにも限界があると思う。

なんでかと言うと例えば、あなたは20万の月収だとしてそのまま働き続ける。

だけど、あなたが働いてる内容って実は30万の価値があったりする。

そう、辞めるかどうか3年考えられる人なら、ある程度働いてから30万の価値の仕事を20万で引き受けてることを妥当かどうか考えようという気持ちが生まれる。

俺はどちらかと言うと、30万の仕事を20万で引き受けるのは好きじゃない。

だから、手取り20万切る前の会社を4年で退職したこともあった。

前の会社はいくら働いても月収は年に2000円しか上がらなかった。

給料の数字はまさに業界の中では底辺。

総額27万超えても何かしらで控除されて結局は20万ちょいの月収でつまらない人生を送らせてもらった。

そして俺は突如ツテを見つけてはいきなり辞めて30万の月収生活を手に入れた。

(2018年になってから次は40万の月収を目指して、アクションを考えている)

そう、働く前に考えて欲しいことは「3年と言う節目をみてあなたがどんなビジョン描いて働けるかどうかが生きるためのポイントとなる」と俺は思う。

俺はこれから宣言してやる。

いいかい、いくら大企業で働こうともベンチャーで働こうとも、

どちらも給料はどっこいどっこいだ。

会社に支えてもらう自分ではダメだ、会社を信じるな己を信じろ。

そうだ、大企業で働くとしても金融でない限りは給料はどこ行っても変わらないぞ、むしろ大企業の方が仕事は大変だ。

まあ、俺が社会人になって5年経っての感想としては、

俺が上記で太字で言ったことが通じないやつは正直、

根から腐った社会人だから人生終わったと考えてもいいね。

楽しい人生を送ってください。

としか言えないです。

これを読んで共感してくれた人、

良い社会人になってやりたい放題生きてください。

人生はほんとにポケモンなので、

たくさんの仲間作ってたくさんの人と話してストーリーを進めてください。