LINEでアニ文字を送る方法! iPhone Xの正しい使い方

「iPhone X買ったぜ」

それをAndroidユーザーにも言いたい・・・

そんなとき、これができる!!

LINEでアニ文字の送信!!

【YouTube】LINEでアニ文字

「え、iMessageしかできないでしょ?」と思ったのは違います。

そう、アニ文字の仕組みとしてはこれは軽い動画ファイルです。

なので、これをiPhoneの写真に保存してしまえばAndroidにもパソコンにもメールでも送ることができます。

今回はLINEで紹介します。

では、やりかたを教えましょう。

①メッセージアプリを起動し、宛先を自分に設定(自分の電話番号を打ちましょう)

②アニ文字を撮影し、送信。

③送信したものをタップし、左下の矢印(シェアボタン)を押して「ビデオ保存」します。

LINEを起動し、送りたい相手を選択してアニ文字を送信します。

(送る方法は動画を送信するやりかたと同じです。)

こんな感じで簡単なので、

お試しくださいね。

アニ文字は10秒動画でとても軽く、

容量の心配ないのでいいですよ。

ちなみに、LINEだけではなくメールやKAKAOやSkypeでも送ることができます。

iPhoneバッテリー、寒い時期はおかしくなる!?その予防とは?

寒い時期はiPhoneのバッテリーが減りやすいですよね。

そう、これは故障ではありません。

寒い時期はバッテリーの充電が満足されないかつ、減りやすいだけなのでバッテリー交換はする必要ないです。

自分も、2月はバッテリーの消耗レベルが20%くらいまで増えて大変でしたが今はいつも通りのこんな感じです。

今は8%でしたが、

3%まで抑えられてる場合があります。

一桁で収まれば満足ですよね。

バッテリーはデリケートなので以下の点に気をつけましょう。

  • 1日の充電回数増やさない。

  • 細かく充電しない。

  • 何日かに一度使い切る。

これだけです。

長くiPhone使うにはこれが必要なので試して見てください。